矯正歯科

大人でも矯正治療ってできるの?

「歯並びが悪いことをずっと気にしている」
「口元に自信がなくて人前で笑えない」

そんなお悩みを抱えていませんか?

町田歯科でも矯正歯科に多くのご相談が寄せられますが、大人になってから歯並びにコンプレックスを抱いている方は、実はかなりいらっしゃいます。

ともすると歯科矯正は子どもの治療と思われがちですが、最近は大人になってから矯正治療を始める方も多くなっています。歯科矯正治療は、いつまでにやらなくてはいけないという決まりがあるわけではありません。

虫歯のように急に進行する病気ではないので、絶対に必要というわけではないのですが、不揃いな歯はどうしても外見上気になりますし、歯が重なって生えていれば、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。矯正治療は大人の方でも、気になった時にいつでも、今からでも始めることができる治療です。

大人の矯正治療の特徴

申し上げたとおり、子どもの矯正治療が一般的ですが、大人になってから歯並びにコンプレックスを感じて、矯正治療を始める方は多くいらっしゃいます。

そこでまずは、子どもの治療とはどんなところが違うのかを挙げてみましょう。

あごの骨の成長や生え代わりを利用できない

「矯正治療を子どもの時に行うのが良い」と言われる一番の理由は、あごの骨の成長や、乳歯から永久歯への生え代わりを利用することができるためです。

大人の矯正治療では、あごの骨の大きさは決まっており、永久歯が生えそろった状態からスタートしますので、成長による効果は得られません。

ただ、メリットもあります。子どもとは異なり、歯並びが大きく変化する要素が少ないので、一度きれいな歯並びを作ってしまえばキープしやすいと言えるでしょう。

自己管理がしやすい

大人の矯正治療のメリット

大人になってから治療を行う場合、本人がどうしても歯並びを変えたいという強い思いでスタートできます。そのため、マウスピース矯正など、本人による自己管理が必要な治療も選択できます。

矯正治療中はどうしても不自由になったり、虫歯や歯周病のリスクや高くなったりしますが、大人の方の方がしっかりとセルフケアができ、ご自身で管理しつつ治療を進めていくことになりますので、矯正治療によるリスクが少なくなります。

治療の中断が起こりにくい

子ども時代に矯正治療を始めると、本人のモチベーションが続かなかったり、進学や引っ越しで通院が途絶えてしまったりすることがあります。

大人になり、生活が安定してから治療を始めることで、時間がかかる矯正治療に対して、しっかりと腰を据えて取り組むことが可能になります。

悩みを正確に伝えることができる

誰でも自分のことを話すのは苦手なものです。もちろん大人でも自分の悩みや理想の状態を正確に伝えるのは簡単ではありませんが、子どもの頃に比べれば、自分の身体と向き合っている時間が長い分、自分の歯のコンプレックスや、治したい部分を歯科医師に伝えやすくなっているでしょう。

矯正治療には一般的なゴールはありますが、理想の状態は人それぞれです。クリニックの先生に対して、短時間で自分の思いを伝えるのはなかなか難しいものですので、大人になってからの方が、自分の思いや望ましい歯の状態を正しく伝えられると言えます。

大人の矯正治療の種類

では実際に大人の矯正治療にはどんな種類があるのでしょうか?治療の内容や装置の特徴を見てみましょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

一般的な矯正治療の方法で、成長期にもワイヤーを使って歯を動かすことがあります。歯を自在に動かせるので、かなりガタガタした歯並びでも改善できる治療法です。

歯に金属またはプラスチックの装置を接着剤で装着し、ワイヤーをひっかけて歯を移動させます。治療期間は2〜3年になることが一般的で、あごが小さく、歯が並びきらないと判断された場合には、抜歯が必要になることもあります。

金属のワイヤーが目立つので気になるという患者さんもいらっしゃると思いますが、ご安心ください。詳細は矯正歯科のページでご説明していますが、町田歯科ではクリアブラケット・ホワイトワイヤーを使用し、目立たずに、そして審美的なワイヤー治療を提供しています。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)

歯型を取って理想の状態をシミュレーションし、少しずつ歯を動かしたマウスピースを、順番に一定期間ずつはめることで歯を動かす、新しい矯正治療の方法です。

ワイヤー矯正に比べると適応症例は限定されますが、食事の際に取り外しできる点、装置が透明で目立ちにくい点から選択する方が増えている治療法です。歯磨きがしやすく虫歯や歯周病のリスクを軽減できるのもメリットです。治療の期間は1〜2年であることが多くなります。

こちらも矯正歯科のページで解説していますが、町田歯科では人気のインビザラインによるマウスピース矯正を行っています。治療に際しては、日本国内でも数%のクリニックにしかないインビザライン社のiTero(アイテロ)という最先端の口腔内3Dスキャナを採用し、とても精度の高いアライナー(矯正装置)の作成が可能になっておりますので、お気軽にご相談ください。

外科矯正

手術で骨格を変える方法です。上あごと下あごの骨のアンバランスがある場合に適応します。入院して全身麻酔下での手術が必要になるので、事前に精密な骨格診断が必要です。

手術前後の矯正治療を含めると3年以上かかることがありますが、お顔全体の印象を変えることができます。外科矯正が必要と診断されると、矯正治療に健康保険が適応される場合があります。専門機関での骨格診断を受けて、相談してみるのが良いでしょう。

大人になっても歯並びをきれいにできる

歯科矯正治療は、子どもの治療だと思われることが多いですが、大人になってからでも歯並びを変えることはできます。

町田歯科の矯正医 桂田真理奈先生

町田歯科の矯正医は、スタッフ紹介のページでご挨拶している桂田真理奈先生です。いつも笑顔が素敵な桂田先生ですが、自己紹介で触れているとおり、ご自身もかつては歯並びで悩み、矯正治療を受けています。

だからこそ、矯正治療の素晴らしさを熟知しており、患者さんのお気持ちにも寄り添える先生です。どんな小さな悩みにも、真摯に答えてくれます。

矯正医 桂田 真理奈

桂田先生の診療は患者さんから大変好評のため、診療日を増やしました。矯正診療日は、今までの第一日曜に加え、月1回の水曜・木曜・金曜の午後となっています。詳細は診療時間ページをご覧ください。

コンプレックスを抱えずに、歯科矯正で素敵な笑顔を

ずっとコンプレックスを抱えて過ごすより、相談してみたら意外と負担が少なく、できそうな治療法があるかもしれません。やはり笑顔が素敵な方は魅力的ですよね。お悩みがあれば、ぜひ一度、町田歯科にご相談ください。

関連記事