メニュー

歯の変色や金属を気にされてる方へ

[2021.11.09]

歯科医院には「歯が痛い」で来院される方よりも
変色や金属が気になってる患者さんの方が多いかもしれません。

歯科材料にはそれぞれメリットデメリットがあり、症例に応じて一番適した材料は大きく異なります。

多くの方が気にされている銀歯は金属の性質上、割れにくく丈夫であるという最大のメリットがあります。
一方で保険適用が認められている代表格と言えばプラスチックです。(専門用語で言うとコンポジットレジン、CR:Conposit resinと呼ばれます)
コンポジットレジンの最大の特徴は歯の色に近く金属よりも審美的に優れていることです。
また充填する時に柔らかく、そのため細かい穴に詰めるときに非常に有効です。
即日で治療が終わるという点も金属やセラミックに比べて利点であるとも言えます。

「それじゃ全部コンポジットレジンで治療すればいいじゃないか」と思われるかもしれませんが
残念ながらそんな単純な話ではありません。
先ほど申し上げた通り、金属はかなり強度が強い(なかなか割れない)がプラスチック系の材料はそこまでの強度がありません。
そのため咬む力が著しくかかる奥歯のほとんどのケースでは銀歯やセラミックスが有利だとも言われてます。
場所によっては賦形性といって歯の形にうまく作りやすいかどうかもポイントになります。

咬む力や材料の適性をどう見極めるかは様々な要因が絡むため新人の歯科医師では判断が難しいことが多く
患者さんもよく分からない方がほとんどかと思います。

ケースによっては保険診療の範囲内で銀歯を白い歯に置き換えることも可能ですし
そういった希望がある方はまず一度受診していただいて検査診断をさせていただければと思います。

歯科材料のテクノロジーも日々進歩しており
通常のコンポジットレジンや銀歯以外にもナノハイブリッドレジン、ハイブリッドセラミックス、emaxセラミックス、セレック、ジルコニアetc...
細かい話をすると丸一日かかるくらい多種多様の歯科材料が存在しています。
クリニックのスタイルによって得意不得意があったり材料の選択は大きく変わることもあるのですが
まずはそれぞれの材料に関してのメリットデメリットを十分に理解していただき患者さん本人が選択していただくことが重要です。
当院では勝手に銀歯を入れたり、高額な治療を無理に勧めるのではなく
事前にきちんと説明をすることが治療をする上で何よりも大事に考えております。

今まで銀歯に関して悩んでいたけどどうやって相談していいか分からなかったという方は一度当院に相談に来ていただければと思います。

町田歯科・矯正歯科 院長成田

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME