メニュー

歯の矯正について(ワイヤー矯正・マウスピース矯正)

当院の矯正治療

当院では、患者さんの声にじっくりと耳を傾け、それぞれに合った装置による矯正治療をご提案しています。
現在は、矯正治療中の見た目を改善する審美性に優れた装置もございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

先進の検査・治療機器を導入

最新の医療設備を使用し患者さんの身体的負担を最小限に抑えながら、より正確で精密な治療を提供します。
矯正治療で最も重要なのは正確な治療計画です。
より正確な治療計画を設定するために、歯科用CT、セファロレントゲン、3D(三次元的)口腔内スキャナーを患者さんに使用し、精密検査をおこなっております。矯正治療を始めようかお悩みの方は、ぜひ一度ご自身のお口の中の状態をチェックする意味でも矯正相談をおすすめ致します。

明確な料金体系

矯正治療は高額な費用がかかるというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。
当院では治療に必要な費用を矯正診断の際に細かくご説明させていただいております。
患者さんのご希望を丁寧に伺ったうえで適切な治療計画を設定することで、ひとりひとりに適した治療計画・費用をご提案させていただきます。

矯正料金表(税込)※矯正治療は公的医療保険が適用されず、すべて自費診療となります
項目 料金(税込)
相談 無料
検査診断 33,000円
ワイヤー矯正治療 770,000円
マウスピース矯正(部分) 330,000円~
マウスピース矯正(全顎) 990,000円
小児矯正(1期治療) 330,000円
処置調整料金 5,500円

多彩な治療方法(マウスピース・インビザライン)

マウスピース矯正、インビザラインは大きく分けて下記の2種類がございます。
インビザラインGOは従来のインビザラインのシステムをそのままに、軽度な症例のために開発されました。

1.第二小臼歯までの10歯で動かすインビザラインGO

すきっ歯や軽度の叢生(歯のガチャガチャ)を対象にしています。
インビザラインGOは従来のインビザラインのシステムをそのままに、軽度な症例のために開発されました。
大臼歯(奥の歯)を除く上下それぞれ10歯の矯正移動に対応しています。

短期間で済むため費用も抑えられるのが特徴です。
どのレベルまで動かすかは事前にiTeroという口腔内スキャナにて簡易的にシミュレーションできますので
まずは一度無料相談にお越しください。

33万円(税込)~

2.フルマウス(全ての歯)を対象にしたインビザライン

前項の軽度な症例に加えて大きく動かす必要がある場合など幅広い症例に適応可能です。
自分のケースがどちらの場合に当てはまるのか、ワイヤー矯正との比較などもあるため
事前の簡易シミュレーションをおすすめしています。

99万円(税込)

24時間ご相談フォームはこちら

ワイヤー矯正との違いについて

表側矯正装置はワイヤーを用いた矯正治療であり、非常に細かく歯をコントロールすることができます。

ただ従来のワイヤー矯正のイメージは見た目が目立つものでありました。

しかし当院ではクリアブラケット・ホワイトワイヤーを用いることで審美的なワイヤー治療を実現しております。

マウスピース矯正のメリットについて

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は近年急速に広まっている矯正装置です。

透明なマウスピースを用いて歯を移動していくため、周りに気づかれずに矯正治療を行うことが可能です。
マウスピースはご自身で外すことが可能ですので、歯磨きがしやすく虫歯や歯周病のリスクを軽減することができます。
しかしワイヤー矯正と比較すると、マウスピース矯正は大きな歯の移動を伴う矯正には不向きである場合があります。
以上のように、それぞれの矯正装置にはメリットとデメリットがあります。

blogにてより詳細に解説していますので下記よりご参照ください。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

当院では、きちんと精密検査をした上で、一人一人に最適な矯正装置をご提案させていただきますので、お気軽に当院の矯正相談をご予約ください。

3Dスキャナシステムによる制度の高い矯正装置の作成

当院では世界で圧倒的シェアを誇るアライン社のインビザラインシステムを採用しています。
また町田市周辺のみならず日本国内でも数%のクリニックにしかないインビザライン社のiTeroという最先端の口腔内スキャナを採用しており、精度の高いアライナー(矯正装置)作成を可能としています。

iTeroとは

iTeroとは高精度口腔内3Dスキャナのことで、従来の型取りではなく画像撮影によって口腔内の精密な情報を3Dのデジタルデータ化することができます。口の中に不快な材料を入れずに歯型を取ることができ、データ化するために変形もないため、より正確で精密な歯型を記録することができます。

※マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器です。日本では完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済措置の対象外となることがあります。

治療の流れ

1.矯正初診相談

まずは矯正検査の概要や費用などの説明をします。矯正治療は一般的に他の治療よりも費用や時間がかかるため、当院では充分なカウンセリングが大切だと考えております。

矯正治療は患者さんの理想とするゴールを正しく把握しなければいけないため、どういうことが気になりどのように改善したいのかを歯科医師側がよく理解することが最終的に満足する結果へとつながります。初回相談では歯並びなどに関するお話をじっくりと聞き、その後お口の中を拝見いたします。その上でどのような治療の選択肢があるのか、実際にどのくらいの期間や費用がかかるのかを説明します。当院では初回の矯正医とのお話は無料ですのでお気軽にご相談ください。

虫歯や歯周病などがあるかどうかをチェックすることも矯正治療前には重要ですので、患者さんの希望により保険診療の範囲内で虫歯のチェックを初回にする事もあります。


2.精密検査

iTero

実際に精密な治療計画を立てる前には顎の骨の状態や歯の傾斜など、様々な情報が必要となります。
当院では矯正用セファログラム(レントゲン)、歯科用CT写真、顔貌写真、口腔内写真、咬合検査、虫歯歯周病検査など必要な検査を網羅的に行い
詳細な資料に基づいた診断、治療計画の立案をいたします。


3.AIによる歯の移動シミュレーション

iTero口腔内スキャナ

3D口腔内スキャナiTeroにより実際の歯列を撮影し立体的なデジタルデータ化をいたします。従来は不可能であった歯列をデジタルデータ化をすることによりAIが将来的な歯の動きを予測し、動かせる歯の限界や将来的にどのような歯並びになるかをコンピューター上にシミュレーションすることができます。
最終的な治療後の予想シミュレーションは米国アライン社によるインビザライン治療を行なった1000万人以上の矯正治療データに基づいたシミュレーションになります。ここでさまざまなリクエストをお聞きし、最終的な治療のゴールを決定します。最終的なゴールを決めてから患者さんとの同意を得てマウスピース作成になります。米国アライン社に実際にデータを送り、最終チェックをした後に作成します。


4.矯正治療開始

マウスピースが完成したら矯正治療を開始いたします。
実際の着脱方法、お手入れの方法、使い方の説明などを行います。一度の来院で数枚のマウスピースをお渡しします。

1枚のマウスピースを交換するのは大体2週間に1回程度です。
矯正治療中も食事中などは外して使っていただきます。
2〜3ヶ月に1回は来院していただき、歯の移動のチェックや新しいマウスピースをまた来院時にお渡しし、また新しいマウスピースに交換していきます
矯正治療中はどうしても虫歯のリスクが上がってしまうため、虫歯や歯磨きのチェックも併せて行います。


5.矯正治療修了(保定期間)

マウスピース矯正に限らず、矯正治療後は後戻りを防ぐための保定という期間が必要になります。
せっかく綺麗になった歯並びを維持させるために動かすのではなく安定させるための保定装置というものを装着していただきます。

この間もチェックは必要なので定期検診に併せてご来院をお願いしております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME