メニュー

歯のクリーニング

歯も定期的な「おそうじ」を

いうまでもありませんが、家のお掃除はとても大切です。室内を清潔に保つことが、アレルギーや病気になりにくい住環境をつくるからです。プロの家事代行に掃除を任せたところ、普段気付かなかった汚れまでキレイになってビックリした…という経験をお持ちの皆さまもいらっしゃるかもしれません。

実は歯にも、まったく同じことがいえるのです。歯のクリーニングはお口の中を清潔に保ち、虫歯や歯周病などのトラブルを防ぐ第一歩になります。ご自宅で行うブラッシングの他に、歯科医療のプロによる定期的なクリーニングが欠かせません。

クリーニングとホワイトニングの違い

クリーニングと混同されがちなのが、ホワイトニングですが、両者には明確な違いがあります。

•クリーニング

専用の機械を使って歯石やバイオフィルム、着色などを除去し、口の中を清潔にすることで、虫歯や歯周病になりにくい環境を維持すること

•ホワイトニング

専用の薬剤を使い、加齢や遺伝によって黄ばんだ歯を漂白すること

クリーニングが健康を目的としているのに対し、ホワイトニングは美容が主目的になっています。しかし口の中が健康であるからこそ、白く美しい歯が際立つといえます。ホワイトニングを行う大前提としても、クリーニングは欠かせないのです。

ホワイトニングの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

「歯科衛生士」の国家資格保有者がクリーニングを行います

当院でクリーニングを行うスタッフは、全員が「歯科衛生士」の国家試験をパスした資格保持者です。口腔ケアのプロが高度な知識と専門の機器を用いて、適材適所なクリーニングを行います。

これは「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」と呼ばれています。

PMTCの種類

  • スケーリング:歯に付着したプラークや歯石の除去
  • 歯面清掃:専用の機械を使い、歯面に付着したバイオフィルムや軽微な着色の除去
  • フロッシング:歯と歯の間のプラーク(歯垢)の除去
  • エアフロー・ジェットクリーニング:超微粒子のパウダーをジェット水流で歯に吹き付けてバイオフィルムや強固な着色の除去

いずれのクリーニング方法も専門の機器を用いることで、ご家庭で行うブラッシングでは取り除くのが難しい汚れもキレイに除去します。とくにプラーク(歯垢)が石灰化して石のように固まった「歯石」を、ご自身で取り除くのは不可能です。クリーニングのプロである、歯科衛生士にお任せください。

さらに、歯科衛生士はクリーニングだけでなくブラッシングの指導も行い、お口の中を健康に保つお手伝いをいたします。

お一人ひとりに合った歯磨き粉を提案します

皆さまは、普段使う歯磨き粉をどのように選ばれているでしょうか?「友人に勧められたから」、「お気に入りのタレントがTVCMに出演しているから」といった理由で選んでいるケースも、少なくないかもしれません。

しかし口の中の状態は人それぞれに異なり、一人ひとりに合った性質の歯磨き粉を選ぶ必要があります。実は歯磨き粉の選択は、口腔ケアにとても大切な要素なのです。

当院では、歯科衛生士が患者さん一人ひとりのお口の状態を確認した上で、最適な歯磨き粉を選んでご提案いたします。

歯磨き粉の種類

  • チェックアップスタンダード:
    虫歯リスクが高い方。高濃度の1450ppmのフッ素が再石灰化を促進し、虫歯リスクの軽減に。
  • システマデンタルペースト:
    歯肉炎が気になる方。殺菌作用と抗炎症作用があり、歯周病予防効果に。
  • システマSP-Tジェル:
    歯周病リスクが高い方。殺菌作用と抗炎症作用、歯肉組織の修復作用があり、歯周病効果と歯肉の防護力を高める効果に。
  • ブリリアントモアw:
    歯の着色が気になる方。薬用効果で着色を浮かせて落とすことができるので歯を傷つけずに歯本来の白さを引き出すことができる。
  • チェックアップkodomo:
    フッ素950ppm配合。グレープ、ストロベリー、アップルのフレーバーがあり、お子様に楽しんで歯磨きしてもらえる。低発泡、低研磨のため、泡立ちが少なく歯磨きしやすい。
  • チェックアップgel:
    フッ素950ppm配合。ピーチ、グレープ、バナナのフレーバーがある。ジェルタイプなのでフッ素が歯面に滞留しやすい。就寝前の使用におすすめ。(バナナのみフッ素500ppm配合なので6歳未満のお子様にはこちら)

歯のクリーニングをご検討の患者さんへ

歯をキレイにしてお口の環境を清潔に保つことは、全身の健康につながります。当院ではクリーニングを含む、歯のメインテナンスをトータルで行っております。まずは歯科衛生士がカウンセリングを通してご要望を丁寧にお聞きした上で、患者さん一人ひとりに合ったケアを行います。どんな小さなことでも構いません。お口の悩みごとや困りごとは、ぜひご相談ください。

メインテナンスの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME