メニュー

顎関節症について

顎のトラブルもまずは歯科医院へ

顎関節症は、何らかの原因で顎の関節が痛んだり動きにくくなったりする症状です。顎にトラブルが発生すると、会話や食事に支障が出ます。肩こりや頭痛、腕のしびれなど、他の部分に悪影響を及ぼすこともあるため、決して軽視できるものでありません。顎関節症は噛み合わせの狂いや歯ぎしりによって起きることもあるので、まずは歯科医院の受診をおすすめします。ただし歯のトラブル以外に原因があるケースも多く、診断結果によっては外部の専門医をご紹介します。

顎関節症の症状

顎関節症は主に、顎の関節内にある「関節円板」という組織がズレることで起こると言われています。以下のような症状が出たら、顎関節症を疑いましょう。

  • 食べ物を噛むときに痛みを感じる。
  • 口を動かしたり噛みしめたりすると、顎関節に痛みを感じる。
  • 口を開け閉めすると、顎関節からカックン・コッキンと音がする。
  • 口の開け閉めがスムーズにできない。
  •  口を左右に動かせない。

顎に違和感があり、口を思うように動かせないのは大変なストレスです。顎関節症を放置しておくと、肩こり、頭痛、背中の痛み、めまい、耳鳴り、難聴、目の疲れなど全身にさまざまな悪影響が出て、呼吸困難や手足のシビレといった重い症状になってしまうことさえあります。

当院の顎関節症治療

顎関節症の原因として多く報告されているのが、上下の歯の噛み合わせの狂いです。この他には歯ぎしり、頬杖をつく、うつ伏せに寝るといった、歯にストレスをかける日常のクセも大きく関係しています。
また歯列接触癖という、常に弱い力で噛みしめているということが原因で顎関節症が悪化している場合もあります。

当院ではまずは生活習慣や癖など顎関節症の原因を探り改善できるものは改善するよう指導することから始めます。また強い噛みしめなどが見られた場合は一時的にマウスピースを用います。患者さんの歯列に合わせてオーダーメイドのマウスピースを作り、それを睡眠中に使うことで顎への負担を軽減し、症状を改善するのです。

ただし、歯を削って噛み合わせを調整する治療は基本的に行いません。歯は一度削ってしまうと元に戻らないからです。歯は長い人生をともに過ごす「一生モノ」のパートナーです。だから闇雲に削るのではなく「歯が本来持っている自然治癒力を最大限に活かす」のが、当院の基本的な方針です。
顎関節症の研究を行なっている学術団体「日本顎関節学会」も、安易に歯を削って噛み合わせを調整するのは避けるべきという見解を示しています。

当院が「歯を削らない理由」の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

当院で対応できない場合は

以前は噛み合わせを改善すれば顎関節症が治るといわれていましたが、近年の研究では必ずしもそうではないことが明らかになっています。

現在、顎関節症は「多因子疾患」(多くの原因が重なり合って生じる疾患)という見方が一般的で、ストレス、睡眠障害、猫背や姿勢不良、骨折や顔面打撲などのケガといったさまざまな原因があるとされています。つまり一つの原因を解決しても症状が治まるとは限らない厄介な病気でもあります。

先ほどお話したマウスピースで、すべての顎関節症を改善できるとは限らないのです。ストレスや癖などが関節症はほとんどの場合自然に治ることも多いのですが、症状の程度に応じて大学病院などの専門外来を受診することを勧める場合もあります。当院は大学病院や市民病院と密に連携を取り、必要に応じて紹介状を書きますのでご安心ください。

顎関節症の治療をご検討の患者さんへ

以上お話ししてきたとおり、当院で顎関節症に関するすべてのトラブルを解消できるとは限りません。しかしながら、その原因が歯のトラブルによるものなのか、そうでないかの判断は可能ですし、状況に応じて外部の専門医もご紹介します。顎がうまく動かないのは本当にツラいものです。顎に痛みを感じたり、カックン・コッキンと音がしたりする場合には、まずご来院ください。患者さんのツラさを解消する、第一歩をお手伝いいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME