メニュー

インプラントについて

インプラントとは

虫歯や歯周病などで歯が失われた場所に、人工の歯を埋め込む治療を「インプラント治療」といいます。チタンやチタン合金の支柱をあごの骨に埋め込み、それを土台にして人工の歯を被せます。この歯に埋め込む支柱のことを「インプラント」と呼んでいます。

私たちの歯は、大きく2つの部分からなっています。外から見える歯冠(しかん)と、歯肉(歯ぐき)に隠れている歯根(しこん)です。このうち歯根は歯肉の中であごの骨とつながり、しっかり固定されています。そのため歯がグラつかず、安定して噛むことができるのです。

しかし虫歯や歯周病で歯を抜くと、歯根が失われてしまいます。インプラントはあごの骨に埋め込まれた支柱が歯根の代わりになることで、天然の歯に近い安定感や、自然な噛み心地が得られます。そのため乳歯、永久歯に続く「第三の歯」と呼ばれることもあります。

入れ歯、ブリッジと比較したメリット・デメリット

失われた歯の治療方法として、インプラントの他に「入れ歯」と「ブリッジ」があります。それぞれのメリット・デメリットを比較することで、インプラントの特徴がよくわかると思います。下記の表をご覧ください。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
方法
  • 人工歯を埋め込みます
  • 人工歯を被せます
  • 「部分入れ歯」(他の歯が残っている場合)、「総入れ歯」(全ての歯が失われた場合)の2種類があります
  • 抜けた歯の両隣にある歯を削って土台にし、人工歯を被せて固定します
メリット
  • 支柱を介して歯を埋め込むので、自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない
  • 比較的安価で導入しやすい
  • 取り外して洗えるので清潔に保ちやすい
  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない
デメリット
  • 手術が必要
  • 疾患を抱えている場合に受けられないことがある
  • 他の方法に比べて口の中の違和感が大きい
  • 支柱を埋め込まないので安定感に欠け、噛む力が弱くなる
  • 外観でわかってしまうことがある
  • しゃべりづらくなる場合がある
  • 両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 取り外せないので不衛生になる場合がある

インプラントは他の2つの方法と比較して、コストがかかることもデメリットに感じるかもしれません。
しかし安定感や自然な噛み心地、審美性や耐久性を考えると、コストパフォーマンスのとらえ方も違ってくるでしょう。当院のカウンセリングをご利用の上、納得の行く選択肢をお選びください。

また、インプラント手術の前提として、あごの骨がしっかりしていることが大切です。糖尿病をはじめとする代謝系疾患、心筋梗塞や狭心症などの循環系疾患、骨粗鬆症などの場合は、手術を行うのが難しいケースもあります。インプラントをご検討の患者さんは、ぜひご相談ください。

インプラントの治療方法

インプラント手術は、大きく3つの手順からなっています。

1.支柱を埋め込む

麻酔をかけた上であごの骨にドリルで穴を開け、支柱を埋め込みます。かかる時間は短い場合で20〜30分、長い場合は1〜2時間ほどです。

2.支柱と骨の接着を待つ

チタンやチタン合金の支柱と骨が接着するのを待ちます。新しい骨が形成されて支柱となじむまで、2ヵ月から半年程度かかります。

3.人工歯を被せる

支柱が骨にしっかり固定されたら、その上に人工歯を被せます。最後に傷口を縫い合わせ、1週間ほど待ってから抜系をして手術は完了です。

インプラントのメインテナンス

よくインプラントは「一生モノ」と呼ばれることがありますが、埋め込んだらそれで終わりではありません。定期的に通院し、メインテナンスを受ける必要があります。これをせずに放置したままにすると周囲に炎症が起きてしまい、最悪の場合インプラントを抜かなければなりません。

また、歯を食いしばったり歯ぎしりをしたりするクセがあると、噛み合わせに問題が生じて人工歯が割れてしまうリスクも大きくなります。
このようなクセを見直したり、日頃のブラッシングをしたりして患者さんご自身でケアすることはもちろん大切ですが、やはり歯科医療のプロによる定期的なチェックやメンテナンスが必要です。

当院は事前のカウンセリングから手術、メインテナンスまで、一通り責任を持ってケアいたします。

当院のインプラントの特徴

世界には、さまざまなインプラントメーカーがあります。そのなかから当院は「ストローマン」の製品を厳選して使っています。
ストローマンはスイスのバーゼルに本社を置く、世界一のシェアを誇るインプラントメーカーです。50年以上の歴史があり、インプラントの国際的な規格をつくり、歯と馴染みやすいチタンを素材に採用するなど、インプラントの歴史をリードしてきたメーカーといえます。

 

当院がストローマンを選ぶ理由

1.品質が確か

残念ながら、インプラントは100%骨と接着するわけではありません。医学の世界では「100%絶対に」と言い切れるものはないのです。そうしたなかでもストローマン製のインプラントは、高い品質が証明されています。
スイス・ベルン大学で行った臨床研究では、手術の成功率が97%、10年後の生存率(インプラントが残っている率)が98.8%という結果が報告されました。
当院は万が一骨と接着しなかった場合には、あごの骨を足す、再手術を行うなど補償をいたしますので、ご安心ください。

2.メインテナンスが安心

インプラントは埋め込んだらそれで終わりでなく、定期的なメインテナンスが欠かせません。メインテナンスは10年15年という長いスパンで続くことになるので、メーカーが存続していることが大切です。何らかの部品が必要になった場合も、ストローマンのような一流メーカーなら部品の供給を続けている可能性が高いので安心です。

3.精緻な手術ができる「ストローマンガイドシステム」

インプラントの支柱を埋め込むため、あごの骨にドリルで穴を開ける手術が不安かもしれません。こうした不安を少しでもやわらげるため、当院では最新のデジタル技術による「ストローマンガイドシステム」を用いております。
このシステムは口腔内の情報をCTスキャンによって立体的に把握し、シミュレーションを行うことで、穴を開ける位置を正確に決めることができます。低侵襲手術(痛みを軽減し、血管を傷つけるリスクを軽減)も可能になり、手術にかかる時間を短く、患者さんの負担軽減につながります。

インプラントをご検討の患者さんへ

当院では丁寧にカウンセリングを行い、患者さんの意思を確認した上で、最新のデジタル技術を用いた手術を実施し、メインテナンスまで責任を持って行います。インプラントをご検討の患者さんは、ぜひご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME