メニュー

小児歯科について

子どもの頃から歯をケアする習慣を

虫歯にならないためのメインテナンスを欠かさないことや、虫歯になってしまった場合の治療が大切なことは、子どもでも変わりません。むしろ子どもの方がその重要性は高いと言えます。「どうせ乳歯は生え変わるのだから」とケアを怠るのではなく、小さな頃から正しい知識と生活習慣を身につければ、大人になってからも歯の健康を保てる可能性が大きくなります。当院は乳幼児から小学生を対象に、闇雲に歯を削ったり抜いたりしない、健康的な成長を助けるためのケアを行います。

お子さんのかかりつけ歯医者は重要です

  • 子どもの歯の変色は大丈夫なの?
  • 永久歯がなかなか生えないor変なところから生えてくる
  • 永久歯がぐらぐらしてるけどいつ抜けばいいの?

etc...

多くのお母さんお父さんが自分のお子さんの口の健康を気にされて来院されます。
みなさん異口同音におっしゃるのが「どこに連れて行けばいいのか分からなかった」です

歯科医院のほとんどは大人向けに設計されていて、なかなか子どもを連れて行くのをためらわれる方も多いと思います。

親御さんが気にされてる多くの問題は実はあまり問題でない場合もあります。
ただ例えば永久歯が変なところから生えてくる“異所萌出”は早期に介入することで影響を小さくすることもできます

多くのむし歯も早期予防、早期治療で痛みなく経過を観察できることも少なくありません。

早く連れてきてくれればもっと適切な処置ができたのにと思う子もたくさんいます。親御さんがお子さんをなかなか歯医者に連れてこれない事情もよくわかります。

泣いてもいいし、できなくても特に問題ありません

少しでも気になることがあればできるだけ早く一度歯医者に連れて行ってあげてください。

当院ではまずお子さんが歯医者の空間に慣れてもらうところから始めます。
無理はせず、できるところから」がモットーです。

まずは慣れるところから

大人でも歯医者が怖くて通えないという方が残念ながら大勢います。その方々からお話を聞くと、「子どもの頃に怖い思いをした。」「痛い思いをした。」「先生が怒鳴る。」など小さい頃に悪い思い出があった方がほとんどです。

大人でも怖いのに、ましてやお子さんが知らないクリニックに行って、何をされるか分からない椅子に座らされ、しらないおじさんに口を開けてと言われてもなかなか言うことは聞いてくれません。

治療の際に極力痛くないようにすることは子どもの治療でも当たり前のことですが、この歯医者に来ても怖い思いはしないと分かってもらうことが治療を成功させる秘訣です。

当院ではまずはお子さんがクリニックの雰囲気に慣れてもらうこと、できそうであればその日のうちに処置を行いますが無理は禁物です。今後何かむし歯などで困ったときにすぐ適切な処置を行えるように準備することが大切だと考えています。
当院はベビーカーも診療台周りに置けるだけの充分なスペースを確保してます赤ちゃんを抱っこしたまま検診することも可能です。
お子さんのお口の健康を維持するためにもスタッフ一同いつでもお待ちしています。

乳歯と永久歯で大切なこと

「6歳臼歯」の虫歯に注意

子どもの歯は生後半年ぐらいから生えはじめ、2〜3歳で全ての乳歯が生え揃い、6〜12歳の間に永久歯に生え代わります。

永久歯の中でも6歳頃に生えてくる「第一大臼歯」(だいいちだいきゅうし)は、将来の噛み合わせの基礎を形成します。第一大臼歯は「6歳臼歯」とも呼ばれ、噛む力が一番強い奥歯です。その一方で奥にあるためブラシが届きにくく、虫歯になるリスクが大きくなります。これが虫歯になったまま気づかないでおくと、噛み合わせに悪影響を及ぼしかねません。また第一大臼歯の喪失は他の歯への負担が最も大きいと言われ、この歯を残すか残せないかで将来的に入れ歯にしなきゃいけなくなるリスクが大きく変わってしまうと言われています。

まさに「一生モノ」の大切な噛み合わせを得られるかは、第一大臼歯が生えはじめる時期のケアにかかっているのです。

乳歯の虫歯はしっかり治療を

「どうせ乳歯は生え代わるのだから、虫歯になっても治療しなくてよい」。もしこのようにお考えでしたら、今すぐに改めてください。実は乳歯の下では永久歯が形成され、生え代わるのを待っています。

虫歯になったままの乳歯を放置すると永久歯の発達に支障が出たり、歯並びに悪影響が出たりするリスクが高まります。そもそも虫歯にかかるということは、虫歯の原因となる細菌が繁殖し、口の中の環境が悪化している証拠です。これから生えてくる永久歯が虫歯にならないためにも早めに治療を行い、メインテナンスを通して清潔な口腔環境に改善しておきましょう。

虫歯になるメカニズムの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

当院が考える小児歯科

乳歯も極力「削らない」

当院は虫歯治療については、歯が本来持っている自然治癒能力を極力に活かし、それで元通りにならない場合のみ「削る」という方法を選択します。これは乳歯についても同様で、永久歯の生え代わりに何らかの支障が出ると判断した場合のみ、削る治療を行います。やはり小児期における治療はストレスが大きく、削らなくていい場合は無理をしないというのも大切です。

理想の歯並びを得るための矯正

歯並びや噛み合わせに問題がある場合は、矯正を行います。永久歯に生え変わる12歳頃までの間は顎の骨もまだ成長過程にあり柔軟性もあるため、矯正に適した時期といえます。もちろん一生の歯並びや噛み合わせを左右する大切な矯正となりますので、事前にカウンセリングを徹底した上で納得の行く選択をしていただけるようサポートいたします。

虫歯になりにくいシーラント

シーラントとは、歯を丈夫にする働きのあるフッ素を含んだ樹脂(プラスチック)です。このシーラントで、乳歯や生えはじめの永久歯の溝を埋める処置を行います。細菌がたまりやすい溝を埋めることで、虫歯を予防するのです。当院ではシーラント塗布を無料で行っております

保育士の資格を持った歯科衛生士がブラッシングを指導

将来にわたって虫歯や歯周病にならないためには、小さな頃から正しいブラッシングを覚えておくことが重要です。当院では虫歯予防のためのブラッシング指導や、子どもに適した歯ブラシを販売しています。
当院は保育士の資格を持った歯科衛生士が在籍しています。優しくわかりやすくコミュニケーションを取りながら行いますのでご安心ください。

小児歯科のご利用をお考えの保護者の皆さまへ

歯科医院は「歯が痛くなってから行く」のではなく「健康的な歯を保つために通う場所」であるというのが、当院の考えです。したがって治療と同じぐらいに、お口のトラブルを未然に防ぐメインテナンスに力を入れています。永久歯が生え揃ってからの歯は、その後の長い人生をともにする大切なパートナーです。子どもの頃からメインテナンスを怠らなければ虫歯や歯周病になるリスクを大幅に軽減でき、健康的な歯を末長く保つことが可能になります。
お子さまにはぜひ、小さな頃から歯科医院へ通院することに慣れてほしいのです。歯科医院は決して「痛くて泣き叫んでしまう場所」ではありません。当院はベビーカーの設置スペースを設け、快適に診療を受けていただける環境づくりに努めています。病院に来て泣いてしまう子どもも沢山いますが、誰でも見ず知らずのクリニックに来れば不安になってしまうものです。迷惑になるかもと思う親御さんは多いのですが、気になさらなくて大丈夫です。当院もできる限りの努力をしますので安心していらっしゃってくれればと思います。
さらに新型コロナウイルス感染症が収束次第、キッズスペースも開設する予定です。カウンセリングにも力を入れておりますので、お子さまの歯でお悩みや相談がございましたら、ぜひ一度ご来院ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME